昔はいろいろなことにコンプレックスがありました。

一番大きかったのは容姿かな。人前に出なければいけないときは、みんな心の中でわたしのことをどう思っているんだろうということがいつも気になっていました。

ただ、ヨガを教えることになったとき、不思議だったのは、ヨガを教えている最中はそんなことが微塵も気にならないことでした。

スタジオに入ってしまえば、どこか日常とは切り離された世界がそこにはあって。「人が自分に対して何かを思っている」としても、「それはそれでいいや」としてしまえる自分がなぜかいた。

それはなぜなのか、言葉ではうまく説明できないのですが、だからわたしにとって、ヨガをすることも、伝えることも、特別なのだと思います。

今、思うのは、自信がない・コンプレックスに思っていることであっても、それがやりたいことなのであればとりあえずどんどんやっていけばいいということ。

自信も実力も、後からついてくる。「100%になるまで待たないこと」が、いまのわたしが大切にしていることでもあります。

100%満足できることなんてきっとないし、チャンスってだいたい準備が整っていないときにくるものだから。(準備万端で「こい!!」っていうときにきたことありますか?)

最近は自分の動画も、写真も、堂々と見ることができるようになりました。そんな日がくるなんて想像してなかったけど。

写真は先日、江ノ島のビーチで撮影したときのもの。今週末、YouTubeにアップします♡ 「やさしいサンセットヨガ」、ぜひおうちヨガのお供にご活用ください✨

Leave a comment

X