今春、初めて行って以来、すっかり虜になったパークヨガ。もともとイベント的に行うつもりが、もはやレギュラークラスになっています(笑)。

「Sunday park yoga!」と題して日曜朝8:00〜9:30、砧公園で開催中。

英語でのティーチングの練習をするため、meetup内に「Megumi Yoga Tokyo」というグループを作ったのですが、そこで告知をしています。外国の方がいらしたらバイリンガルクラスになりますが、今のところ日本人ばかりです。

でも、ヨガスタジオでは出会えなかっただろうなぁという人たちと出会えて、とてもいい勉強になっています。

ヨガスタジオやスポーツクラブもいろんな人がきますし、新たな出会いはありますが、それでもどこか「お膳立てしていただいた場」という感じがあって。スタッフさんたちがいて、その方達がいろいろ裏の仕事をしてくださるので、インストラクターはそこに乗っかるというか、整えられた場所で、ヨガを教えることに集中できる状態なのです。

でも、自主開催のイベントとなると、そうはいきません。告知や集客も自分でやるし、ドタキャンとかそういうもろもろもあるし、反対に予約してない人が待ち合わせ場所にいたりして(笑)、なんかやっぱりいろんなことがあって、それがまたいい刺激になっています。

いつ、どんな場所で、どんな状況であっても、ちゃんとヨガを伝えられる自分でいること。

その鍛錬をしている感じ。「きれいな場所に慣れるなよ」っていう自分へのメッセージというか、それってどこか武者修行みたいだなぁと思います。

先週末のパークヨガ後、参加者さんとおしゃべりしながら、話題は「ヨガの何がいいのか」について・・・。わたし、語った。

「日常生活って、呼吸も動きも、『なんとなく浅いところ』でやってるというか。なんか茫洋としてるの。息もお腹の力を使って絞り出す感じで、最後の一滴まで絞り出して初めて、新鮮な酸素が入ってくる。吐き切らないと何%かは淀んだまま、浅いところで循環させてる状態になっている。しっかり使って、しっかり緩んでっていう、その落差が大きいほどリラックスできるけど、日常では浅いところでしか動いてないから、落差が生まれない。ヨガをすることで筋肉も関節も、普段使っていないところを使って、しっかり動かしてあげると、それによって体内のめぐりがよくなって、体が整っていく。そして、それは体だけにとどまらず、心や、わたしたちを取り巻くエネルギーを整えることにも繋がっていく。わたしにとってヨガは、体・心・魂、それらをまるごと含めた『命を整えるシステム』なんです

みたいなことをなんとかかんとか・・・。

話しながら、わたしの中でもわたしなりの理論を構築している感じがあって、これに関してはまた改めて、ちゃんと書きたいと思います。そのためのブログだしね。ヨガに関して受け売りではなくて、ちゃんと自分の言葉で語れるようになりたいなぁと思います。

ちなみにその会話の中で、参加者さんがわたしについてフィードバックしてくれて。

「恵先生ってこうやって普通に喋ってるときと、クラスに入ったときのギャップがすごいですよね。声のトーンとかスーッと変わって、『あ、スイッチ入った!』って思う」

恵「へ〜自分だと全然わかんない。完全に無意識。ていうか、切り替えてないですけどね」

「いや、それでいいんですよ。恵先生は気づかなくていい!」

なんかおもしろかった(笑)。そうなんだ、わたし、そんな感じなんだ(笑)。

こうやって話していると、生徒さんの方が、わたしなんかよりよっぽどわたしのことを知っているのかもしれないなぁと思います。

わたしのパークヨガの雰囲気は、こちらの動画でもご覧いただけます?

「All Levels : パークヨガ! 60min full class」

自分で言うのもなんだけど、めちゃくちゃ雰囲気のいい動画で。初めて見たとき、わたしのクラス、こんな感じなんだ!って、思わず嬉しくなった☺️

次回は少し飛んで、9月22日(日)。すでに3名ほど予約が入っているので、それなりににぎやかになりそう。ご興味ある方はぜひ、ご連絡ください♡

Leave a comment

X