前回の写真と、同じ場所で撮った写真 🙂

こうして見るとまさに森の中!ですが、実際はホテルの中庭です。

思い出すだけでもうっとりするくらい、素敵なところでした。(と、本当にかなりのお気に入り!セブに行く人がいたら、ぜひぜひおすすめしたい!!)

さて、6/22は夏至、ということで、久しぶりに近くの神社へお参りに行きました。といっても、わたしの参拝ペースは脈絡がなく、「気が向いたら」ふらっとお邪魔するという感じです。

それでも「気が向いたら」=心にふと浮かんだら、なるべく忠実に、従うようにしています。それがわたしにとっての、一つのサインだからです。

お参りする=神様と向き合うことは、ほんのちょっと、背筋を伸ばすこと。姿勢を正して、胸の前で手を合わせ、頭を下げる。それってまさに、わたしにとってはヨガと同じなのです。

日常の中で、ちょこちょこそういう時間を持つと、傲慢な心がやわらぎ、少し謙虚になれる気がします。今あるものに感謝して、平穏に生きられることを喜び、自分だけでなく、周りの人もそうである奇跡に思いを馳せる。

・・・こんなふうに書くと、めっちゃ人間できてるみたいですが、全然そんなことないからこそ、日常的にこういう時間を作る必要があるんです 笑

ヨガも、同じ。

ヨガ哲学が好きなのは、そういう学びに触れるだけで、心が整うから。日常生活での在り方を説いたヤマ・ニヤマもそうですが、わたしたちはいつもいつも、とても「そんなふうにはいられないから」、何度も何度も、教えに触れて、「そうだった。これが大事なことだった」と思い出す。


乱れて、戻す。それでいいのだと思います。

だって、ヨガが古来からあることを考えると、昔の人もきっと同じだったはずだから。

「どうすれば楽に生きられるかなぁ」って、何千年も前から人間はずっとずっと悩んできたのだと思うと、心に抱えているモヤモヤなんてあって当然だと思えるのです。

最近は梅雨らしいお天気ですね。東京は朝から雨でしたが、夕方、晴れ間がのぞいた隙に散歩に出かけました。

雨上がりの緑も、美しかった♡

では、良い一週間をお過ごしください 🙂

Leave a comment

X